ギャンブルのないネバダ州全体の状態で唯一の町

クラーク郡のおよそ40の複合都市と非法人のコミュニティのすべてにおいて、1つの領域のみでは、無料のゲームさ - ボルダーシティを。

それは1931年にフーバーダムを構築する大恐慌時代の労働者のための予約として設立されて以来、ボルダーシティは簡潔にその文字や評判をベースとした、歴史家デニス・マクブライド、ネバダ州立博物館の現在のディレクターは述べています。

マクブライドは、ボルダーシティで生まれ育っ、市は、米国政府は、彼らが可能性を感じた賭博、売春、土地の酒に対する法律と連邦政府の予約に基づいて設立されましたと述べた」の制御を保持します。」

"これは基本的に独自の法令を、連邦政府が運営する独自の小さな国になった、「マクブライドは説明しました。 「彼らは、最初にラスベガスについて考え、それが当時の小屋、歓楽街でした。」

1940年代には、ボルダーシティライオンズクラブは、ゲームのルールをテストするために、市内初の組織間だった、マクブライドは述べています。彼らの会議ホールでスロットマシンを置くことによって、クラブは社会奉仕プロジェクトのための資金を調達するためにギャンブルを使用していました。

しかし、アイデアはすぐに連邦政府が取り締まったときマクブライドは、言った、失敗に終わりました。

これは、連邦政府にも酒が許可されたことが市の所有権を放棄した10年後、1969年までではなかったです。

「これらの3つの処方箋を維持することはボルダーシティを組み込み、すぐにそれを開くために望んでいた人々の間での競合の本当のポイントだった」とマクブライドは言いました。 「ほとんどの住民は、彼らが自分たちの街がきれいで緑に滞在したかった、それは変更したくありませんでした。」

開発者の数十年は、ボルダーシティを通過したとして、その住民は合法ギャンブルに対してしっかりとどまりました。

開発者と当時の都市居住者マリオ・カルーソは、トラベラーズモハベモーテルを買って、それを解体し、3階建てボールダーインを再構築した後、最も近い呼び出しが少ない十年以上、1980年代にありました。

カルーソはマクブライドと旧ボルダーシティの市長ボブ・フェラーロによると、彼のホテルの最上階には、有線およびゲーム機の準備ができました。彼は、彼らが最終的に都市にゲームを持って来るために彼の意図を知らせ、コミュニティ全体に出チラシを送りました。

カルーソのアイデアが市議会の前に提示された場合には、人口の応答は全会一致であり、それは開発者の賛成ではなかったです。

前市長は、市がこれまで見てきたほとんどの出席市議会の会議の一つと呼びました。 「かなりの数」の人は、すべての反対で、フェラーロによると、評議会のオープンパブリックコメントの際に話しました。

「人々は全会一致で心配していた、それはそれらを結合するために働いていた、 "フェラーロは言いました。 「私たちは市役所の建物の正面の階段で待っている人がいたほど混んでいました。」

評決はボルダーシティの先例を設定し、自由にギャンブルとしての立場を固め、前市長は述べています。それ以来、合法ギャンブルのための重大な提案は市議会の前に来ていません。

今後、フェラーロもマクブライドどちらもそれが変更する理由を見ました。

「私はギャンブルが今まで、これまでに、これまでボルダーシティに法的作られるだろうと考えることができない、 "マクブライドは言いました。

「まさか、 "フェラーロは言いませんでした。 "チャンスは無い。ないいつでもすぐに少なくとも。 "

ボルダーシティの住民は、彼らがギャンブルのないネバダ州全体の状態で唯一の町だと思うかもしれませんがしかし、主張は事実ではない、マクブライドは述べています。

Panaca、リンカーン郡で約1,000の住民の非法人のコミュニティは、またギャンブルをアウトロー、歴史家は述べています。

カテゴリー:ネットカジノ